[老中八策] 尊厳ある高齢期人生のための指針 丈風の会 2015・01・01

老中八策20160501
◎[老中八策] 「尊厳」ある高齢期を送る指針 ここからひとつずつ・ひとつでも
一 65歳から90歳までの25年を他力依存でなく過ごすため「自立意識」を確立中
二 「引退余生」でなく「現役長生」で社会参加を続けながら「高齢期人生」を実現中
三 培ってきた知識技術を活かして高齢期の暮らしを豊かにする「優れモノ」を制作中
四 体(≧病気) 志(≧認知症) 行(≧介護) 三つのバランスで「包括ケア」を体現中
五 「三世代 (青少年~30歳 中年~60歳 高年~90歳+)協働型」社会を創出中
六 高齢者がつどう「居場所」でそれぞれの自己目標やみんなの課題の解決策を談議中
七 日また一日欠かさずに出て「地域生活圏」(「支え合い」の現場)の形成に参加中
八 「水玉模様のような小さな会」に加わり成果を語って各地各界の仲間同士と連携中
注:「自立・参加・ケア・自己実現・尊厳」(高齢者五原則)は国連が提唱する国際的指針。
                           2012・5・1~2016・1・1~