「シニアタウン」

一般の都市が
若年・中年者を中心に
形成されているのに対して、
高年者の要望を機能の中心に据えて
新たに形成される町が
シニアタウンである。
テニスコート、ゴルフ場、
公園、集会場といった
文化・スポーツ・健康施設や病院など
高齢者向け施設の充実がはかられる。
コミュニティのメンバーが
同世代という安心感がある。
アメリカでは「退職者の村」として知られる。
「日本初のシニアタウン」というのは、
1996年に福岡県朝倉市(旧甘木)にできた
「美奈宜(みなぎ)の杜」。
健康と生きがいのまちづくりがテーマ。
福岡市からも近く、
温泉のある田舎暮らしができることが魅力で、
平均年齢が63歳という高年者の町が成立している。

One Reply to “「シニアタウン」”

  1. Hi
    縁あってアメリカのシニアタウン Sun City Rosevilleに住んで12年になります。
    家はゴルフ場の10thホールにあり一時は毎日のようにゴルフをしていましたが今はそれも飽きて音楽に熱中しています。
    天井の高い広々とした快適な空間に住み物価も安く友達も沢山でき何より気候が温暖で快適な毎日です。 
    でも沢山アル日本のレストランも韓国人はじめ外人が経営してたりしており本来の日本食に比べるとかなり質が落ちますし温泉は遠出しないとありません。
    私のように温泉キチは自宅サンルームににジャクージーを備えて毎朝毎晩楽しんではいますがやはり日本の温泉が恋しく毎年日本に里帰りします。
    今年は5月末から3週間親友のメキシカンの美人Bedaと日本に滞在するのでぜひ訪問したいです。 そちらにいけるのは6月5日-7日の間の一日になると思います。大分に今娘が居りますのでそちらに数日とまり11日に東京に戻りそこからCAに戻る予定にしております。
    将来は交換留学というのもいいと思っています。 信頼できるご家庭の方と家を交換して日本の方にもアメリカの生活を体験して頂いて私達も日本のシニアライフを体験するというのは将来的には出来たらと思います。 
    日本人の方達にはなかなか受け入れられないかもしれませんがお互い面倒なことはやめて素泊まりという条件がいいのではないでしょうか? 海外生活の経験をお持ちかアメリカでも自由に行動できる大人の日本人との交流を望んでおります。 滞在中コミュニティー散策やお食事で必要なら自転車、ゴルフカートなどは自由に使って頂けます。
    そちらは大都心の福岡に近い郊外ということで運転すればすぐ観劇やコンサートなども楽しめるでしょうし体験してみたいです。
    こちらで万全過ぎるほどの医療保険に入っており癌はじめ心臓手術、歯の歯石取りまで全ての治療が無料なので終の棲家はLAの日本人向けのシニアホームということになると思いますがその前にしばらくそちらの生活を楽しむことも選択の一つとして考えてみたいと思います。
    資料をアメリカには送っていただけないでしょうか。 もしOKでしたら
    5533 Lantern Grove Ln Roseville CA 95747
    Julie Iso

コメントは受け付けていません。